ホストになるなら将来のビジョンを持つべき

ホストになるなら将来のビジョンを持つべき 仕事や家庭生活などに疲れている女性や、とにかく楽しく騒ぎたい女性など、様々なお客さんに楽しい時間を過ごしてもらうことが仕事であるホストは、若くして大金を掴むことのできる夢のある職業です。
しかしお客さんへの気遣いや、職場での上下関係に心を配ったり、大量のお酒を飲む必要があるなど、心身共に大変な職業でもあります。
もちろんやりがいや楽しいこともあるでしょうが、軽い気持ちではなかなか成功しない世界であるのも確かなのです。
そのためホストの世界に入る際には、将来のビジョンをしっかりと持っておいた方が望ましいと言えるでしょう。
例えば将来もずっとホストとして生きたいのであれば、現場に出続けたいか、店長やオーナーとして経営する側に回りたいかなど、またこの世界で働くのは若いうちだけだと考えているのなら、将来は貯めたお金で何を始めるか、転職で何の職業を目指すかなどです。
そういった将来のビジョンがはっきりしていれば、目標に向かっていくというやる気につながり、それを持たないでいるよりも、ホストとして成功できる可能性が高くなるでしょう。

ホストの生活は仕事とオフの区別が曖昧

ホストの仕事は、お店に出勤している時だけではありません。
例えば、出勤日以外のお客さんとのメールや電話なども大事な仕事の一つになります。自分の大事なお客さんの誕生日前などは、休みの日でも誕生日プレゼントを探しに行ったり、プレゼントの予約を入れに行ったりします。
また、ホストは自分自身が商品なので、休みの日のヘアカットやカラーリングなどもある意味で、仕事の一環であると言えるでしょう。
このように、一般的な仕事と比べてホストは、仕事中とプライベートな生活の区別が曖昧になります。同じ店のホストと仲良くしておくことも自分の売り上げを上げることに結びついてくるので、休みの日を同僚と過ごすことも多いです。
自分のやりたいことをする生活というよりは、仕事を中心に考えた生活になりがちです。中には、オフの日にお客さんとご飯を食べに行ったり、デートをする人もいます。
ある程度のマメさを求められる仕事なので、完全なプライベート時間を持とうとすると大変かもしれません。

pickup

キッズミュージカルについて質問

最終更新日:2018/5/25